教員を辞めて「最初」にすべきこと!自分の力で「稼ぐ」事業の見つけ方

こんにちは、元教員起業家の「りっぽん」です。

教員をしていると、

中堅くん

もっと自由に働きたい!自分の時間がなさすぎる!

という悩みが出てきます。

りっぽん

教員の仕事は「生産性」を高めても、なかなか仕事が終わらないよね。

起業で後悔しないために!教員の「メリットとデメリット」を紹介でも解説しているように、教員の労働環境は金銭的な安定こそあるものの、自由を手に入れるのが難しい傾向にあります。

中堅くん

たしかに「起業」って魅力的だけど、なんだか不安だな〜。

りっぽん

「自分の力で稼ぐ」って楽しいし、めちゃくちゃいいよ!

中堅くん

う〜ん。でも自分に何ができるんだろう?

とはいっても、自分の力で「稼ぐ」ことはハードルが高く、不安要素もあります。教員は「教育」の専門家であって「ビジネス」の専門家ではないので、自分に合ったビジネスをイメージするのが難しいのは当然です。

ということで、本記事では自分の力で稼ぐ事業の見つけ方を筆者の経験をもとに紹介します。

本記事を読むと
  • 「自分の特性」を把握することで、自分に合った事業を具体的にイメージできる
  • 初収益をあげるまでの期間を短くする方法がわかる

自分の「特性に合った事業」を見つけるために行動して「得意」や「好き」で稼げるように行動していきましょう。

りっぽんのプロフィール
  • 教員の働き方に疑問を感じて起業
  • ブログや物販など複数の事業を展開中
  • 教員が「起業」するためのノウハウを発信
  • 先生が自由を手に入れるための「起業」を提案
  • Twitterでも発信中
どうも!
目次

教員を辞めて起業するには、参考が少なすぎる

いざ「起業しよう!」と思っても、何をすればいいか分からないものです。

中堅くん

いや〜。ほんとわかりません!

りっぽん

そりゃそうだよ!起業ってほとんどの人がしたことないから。

自由を求めて「起業」を目指した私も、起業を目指したときに、めちゃくちゃ悩みました。

というのも、

・教員から起業した人が周りにいない
・自分が起業するとは思っていなかった

というように「起業」という考えがそもそもなくて、モデルとなる人もいませんでした。そこで、手当たり次第「事業」につながりそうなことをしましたが、具体的な事業が思いつかずに苦労しました。

りっぽん

暗闇の中を歩いている感じで、なかなか辛かった思い出があります。

中堅くん

参考になる人がいないのは辛いですね…。

中堅くん

結果的に、何が今の事業につながったんですか?

りっぽん

社会から求められていることを知ることが大切!

「社会が求めていること」を提供することで、お金を稼ぐことができます。つまり社会が求めていることに対する価値提供こそが「事業」になるのです。

中堅くん

社会が求めていることってなんだろう…。

りっぽん

社会って聞くと大きく感じるけど、周りの「誰か」をイメージしてみるといいよ!

周りの「困っている人」が求めていることを考えることこそが「社会のニーズ」を考えることです。

  • 残業が多くて困っている
  • 持ち帰り仕事が多くて、自分の時間がない
  • 意思決定が苦手だからアドバイスしてほしい

このような「困りごと」を解決する提案こそが「社会のニーズ」です。そして社会のニーズに対して、自分のスキルを生かすことこそが「自分の事業」となります。

つまり、自分の「特性や市場価値」を把握して社会のニーズにどんなアプローチができるかを考えていくことが「稼ぐ力」を高めていくために重要です。

市場価値は「自分以外の人」に判断してもらう

「市場価値を知る」といっても、

中堅くん

教員として生徒に向き合ってきたから、たぶん「粘り強さ」が価値なのかな〜。

このように「主観や感覚」で判断してはいけません。主観や感覚を頼ってしまうと、自分の「良いところ」ばかりに目がいってしまい、社会が必要としているスキルとズレが出てしまうっからです。

中堅くん

なるほど…。なんとなくで判断したらダメなんですね!

りっぽん

他人に見てもらう方が、何倍も正確に判断できるよ。

中堅くん

ちなみに、さっきから出てくる「市場価値」ってなんですか?

りっぽん

簡単にいえば、社会からどれだけ必要とされているか!

りっぽん

「あなたにこれだけ払いますよ!」という給料の額が、市場価値を判断する上でわかりやすいかな!

市場価値とは「人材としてどれだけ価値があるか」で、給与の額が価値を判断する指標となります。当然ですが、社会でニーズがあれば給料が高くなり、逆の場合は低くなります。

「市場価値」を知ることで事業のイメージが具体的になる

ちなみに「教員」という仕事は専門性が高いため、異業種では市場価値が低くなりがち。

中堅くん

どれだけ授業がうまくても、異業種では活用できない…ということですね。

りっぽん

その通り!だから教員の転職は難しいんだよ。

とはいえ、教員でも市場価値が高まる可能性があります。

  • 担任や主任としてマネジメント力が磨かれている
  • 難しい内容を、子供でもわかりやすく伝える力がある
  • 子供から大人まで、どんな人とでも円滑なコミュニケーションができる

自分の「どの部分に市場価値があるのか」を知ることで、その価値を事業につなげていくことができます。教員の市場価値は低く見積もられがちですが、上記のような「価値を高めるポイント」があることを知っておきましょう。

また、「教員のサービス残業で慣れているから、どれだけでも働ける」というアピールをする方もしますが、これでは本末転倒です。より良い労働環境を求めて起業することを考えると、労働時間に価値を見出すのではなく、具体的なスキルに注目する必要があります。

社会が必要としているスキルを把握することで、

  1. 社会に売り出すスキルがわかる
  2. 需要のあるスキルを収益に繋げることができる
  3. 自分の強みを伸ばし、最短で収益アップにつなげられる

市場価値を理解するとで、具体的な行動に繋げることが可能です。

りっぽん

私はライティングスキルに市場価値があったから、ブログやSNSを頑張ったよ!

中堅くん

ライティングスキル!?どうやって身につけたんですか?

りっぽん

もともとブログで発信をしていたんだ!あとは学級通信を書きまくってたから、文字で伝えるスキルが高めだったかも。

「ライティングスキル」が自分の強みと分かった上で、事業として伸ばすポイントを伸ばしまくりました。市場価値を理解しておくことで、最短で収益を得ることができ、事業拡大のための戦略も具体的になります。

「市場価値」は簡単に知ることができる!

市場価値は、

・年齢
・経歴
・経験
・スキル

などといった、さまざまな視点から判断されます。教員の評価システムとは大きく異なるので、注意が必要です。

中堅くん

教員は「勤続年数や年齢だけ」で給料が決まるから、すこし違和感があります。

りっぽん

年数を重ねたとしても、スキルが身についてない人は市場価値が低くなります。

自分の市場価値を知ることなく起業するのは、自分のレベルがわからないまま冒険を進めるのと同じ。
起業する前にレベルを把握して、判断を間違わないようにする必要があります。

中堅くん

でも、どうやって市場価値を知るんですか?

りっぽん

転職サイトに登録すると、正確に診断できるよ!

中堅くん

転職サイト!?転職じゃなくて「起業」したいんですけど!

りっぽん

もちろん分かってるよ!

りっぽん

転職サイトなら「民間企業での給料の目安」や「行動特性の診断」をしてくれるから、自分のことを知るには最高のツールなんだ!ちなみに転職しなくても全然OK!

転職サイト」に登録するといっても、転職活動をする必要ありません。あくまで「市場価値」を知り、起業に生かすことが目的です。

「転職サイト」で客観的に自分を分析!起業に必要なデータが満載

転職サイトなら、

  • 自分の年齢やスキル、経歴をもとに客観的に評価してくれる
  • キャリアに関する膨大なデータを蓄積している
  • 教育業界以外のビジネスの情報が万歳

というように、教員目線では絶対に見れない視点で、自分自身を判断してくれます。

りっぽん

私の場合は「教員」のうちから登録してたよ〜。

中堅くん

えええ!?そんなのいいんですか?

りっぽん

もちろん!ダメな理由なんてないよ。

中堅くん

それなら、早い方がいいですね!

りっぽん

絶対にそう!起業を漠然と考えている人でも、市場価値を知ることは大切なことなんだよ!

りっぽん

自分の強みも分析してくれるしね!

ミイダス」のような転職サイトなら「市場価値」だけでなく「行動特性」も分析してくれます。

中堅くん

行動特性…?

りっぽん

自分のビジネスにおける特徴だよ!

ミイダス」では、

・市場価値
・社会における自分の強み
・ストレス要因
・相性が良い上司や部下

など、起業するには必ず知っておきたいことまで診断してくれます。起業のスタートラインとして「市場価値」を知ることからはじめましょう。

\現在の市場価値を無料で診断/

「市場価値」を知ることが、事業を考えるための武器

ということで、本記事では「自分の力で「稼ぐ」事業の見つけ方」を紹介しました。

本記事まとめ
  • 教員の起業には「市場価値」を知ることが大切
  • 「市場価値」を知ることで、具体的な事業イメージができる
  • 市場価値を知るために転職サイトを活用するべき
中堅くん

どんな結果が出るか楽しみ!!

りっぽん

市場価値を把握して、さらに伸ばしていけるよう頑張ってね!

市場価値を把握することで、教員退職後のキャリア形成の大きな武器となります。「起業」で自由を手に入れるためにも、転職サイトを活用して分析してみましょう。

  • 市場価値を診断する
  • 行動特性を理解する
  • 教員から起業するための自己分析
7万人のデータから徹底分析

教員を辞めたいなら「起業・独立」がおすすめ!退職後に稼ぐノウハウで「教員退職」から「稼ぐ」までのノウハウを体系的にまとめています。起業・独立を考えている方は参考にしてください。

教員の転職を全力で応援する、元教員起業家の「りっぽん」でした。教員のキャリアや起業に関する相談は、SNSまたはお問い合わせからお気軽にどうぞ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる